バイトでめっちゃ泣いた話 1

こんにちは、かぐやです。

 

今日は昨日のバイトでの出来事でも話していこうかなと思います!

結構感情的な文になってしまうかと思われますが最後までお付き合いしていただけると幸いです!

 

さて、昨日の何があったのかと言いますと、前回書いたブログに出てきた否定しかしてこない人が居て今回もその人のお話なのです!

 

昨日もいつも通りバイトをしていたのですが、その人と行動していてしばらくするとまたいつもの「仕事遅い!それだと土日邪魔になる!」とかギャーギャー騒いで居たんですが僕はホールの事しか考えて居なかったので耳には入れるけど特に気にすることなくやっていました。

その後も特に何事も無く、その間は友達と話したことを思い出しながら過ごしていました。

その友達に話した内容も今回の人の話をしていたんですが、僕がその時に「一緒に付き添ってホール回ってる人がさ、僕がメニューの説明してる時に急に割り込んで来てよ、いっつも説明が止まるんだよね。その後はその場で怒られたりしながらやるんだけど、それで仕事が思うように進まないしお客さん苦笑いしてるんだよ。しっかりしたメニュー説明出来るように頑張りたいわ」って話したら友達が

「俺がその客だったら説明してもらってる途中でいちいち口挟んでくる奴が居たら普通に嫌だし、客の前で怒るんだったらその店で接客も受けたくないし、飯も食わずそのまま帰るわw」なんて言ってその時に初めてもしかしたらあの苦笑いはそういうことだったのかもって思ってお客さんに申し訳ないなって思いました。

その後友達が続けて話をしていったんですけど、

「もしもの話だけど、俺と同じ風に感じた客が居たらクレームが入ってもおかしくないと思う。お前がどんなに頑張ってやってもそれを台無しにする奴が居るんだったらすぐに店長に相談するべきだ思う」

確かにそれを聞いて僕は悩んだ。割り込まれるたびにやる気も無くなるし否定しかしてこないし、ストレスもあった。質問も違う意味で伝えられて答えが分からず終いだしで良いことはあまり無かった。けど、その人はきっと僕に期待してるんだろうと思っていたたので店長に相談するのを辞め一旦様子を見てみることにした。

 

ある出来事が起きるまでは・・・

 

と、ここまで書いてあれなのですが、この後用事があるので続きは後で書きます!

申し訳ございません!